DATE:2014.10.30

男の簡単レシピ!

こんちには。設計部チーフの余田です。

平日の夜遅くでも急に料理をはじめますw

先日作ったソース。

__

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソースって何?という感じですが、パスタを作ろうとして

途中でアヒージョでいいや!となり

そういやトマトあったな!ということでソースのみw

そのままでもOK.パスタにかけてもOK.白飯入れてもOKという万能ソースです。

作り方はいたってシンプル。

たっぷり目のコーン油+オリーブオイルに潰しニンニクとタカの爪を入れて弱火。

そこに残り物の野菜(今回はマイタケ)とシーフードミックス。

あとはトマト入れて煮込んで最後にバジル。それだけw

シンプルゆえに火加減とタイミングが命です!

 

そしてこちらも深夜に漬け込みだしたピクルスw

w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちはさらに簡単です。

好きな野菜を適当に切ってビンに詰めます。

今回はキュウリ・ニンジン・みょうが・ヤングコーン・パプリカ・カリフラワー・ミニトマト。

ピクルス液はワインビネガー・米酢・水を2:2:2ぐらい。あと砂糖どっさりと塩こっさりw

そこにニンニクとタカの爪とハーブと胡椒を入れて沸騰させて、熱いままビンに入れて

2日ほど冷蔵庫で寝かせれば完成です!待ちきれず半日で手を出してしまいますがw

 

休みの日は外食して、それを模して平日の晩に適当に作る!

これが男の簡単レシピの鉄則です。そして嫁さんに怒られるのも鉄板です。

その辺りに気を付けてチャレンジしてみてください!w

 

 

 

大阪/枚方市のエフ・シキシマです。

注文住宅・リノベーション・リフォームの

ご用命があれば、お気軽にお声かけ下さい。

 

電話:0120-883-660

Mail:info@f-sikisima.jp

DATE:2014.10.27

F様邸完成間近!

こんばんは。

 

都島区のH様邸の改修工事がいよいよ仕上げ工事に差し掛かりました。

 

築26年の鉄骨造3階建てのお家のほぼ全面改修です。

 

元々は細かく間仕切られ、縦長なお家であるためどうしても暗い部屋ができてしまってました。

 

今回はせっかくの鉄骨造の特徴を活かし、不要な間仕切りを取り払い、大きな空間を確保しました。

 

 

画像 067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々は天井の下がっている箇所に壁がありましたので、写真の右側が廊下、奥がダイニングとなり、

 

お昼間でもちょっと暗いかなと感じることがありましたが、壁を取り払うことでずいぶん明るくなりました。

 

鉄骨造ですので、間仕切り壁を取り払っても耐震性には何ら影響はありません。

 

あと少しですが、気を抜かずに進めて参ります。

 

大阪/枚方市のエフ・シキシマです。

注文住宅・リノベーション・リフォームの

ご用命があれば、お気軽にお声かけ下さい。

 

電話:0120-883-660

Mail:info@f-sikisima.jp

 

DATE:2014.10.24

解体工事後のチェック

こんにちは。ショップマネージャーの大本です。

 

現在、枚方市藤阪北町のY様邸の工事が進んでおります。

営業・設計:大本  監督:重永サブチーフ

 

 

大枠の解体工事が終わり、躯体を見れる状態になりました。

 

画像 001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像 002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予想していた通り、風呂場の土台の腐りが見つかりました。

築年数からして、予想は出来ていたので想定内です。

 

重さん・大工さんと私にて補強計画の打合せも完了!

 

 

画像 006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レベルのチェックも完了して、次は配管・配線の仕込みに入っていきます。

 

 

また工事が進みましたらアップ致します!

 

来月からは貝塚市のマンション改修工事も着工になります。

こちらも営業と設計を担当させて頂いているので、またアップしていきます!

 

 

 

 

 

 

大阪/枚方市のエフ・シキシマです。

注文住宅・リノベーション・リフォームの

ご用命があれば、お気軽にお声かけ下さい。

 

電話:0120-883-660

Mail:info@f-sikisima.jp

 

 

 

 

 

 

 

DATE:2014.10.22

【新築事例:自然を取り込むマテリアルハウス】を追加しました!

こんにちは!設計部チーフの余田です。

HPの施工事例に【自然を取り込むマテリアルハウス】を追加しました。

西淀川区でのビルドイン駐車場付きの木造3階建てです。

IMG_6991

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルで素材感があり、経年変化を楽しめる家にしよう!と家づくりが始まりました。

住宅密集地でも、設計次第で採光や通風を上手く取り込むことができます。

ご夫妻のセンスが映えるシンプルで落ち着いた空間になりました。

是非チェックして見て下さい!

 

大阪/枚方市のエフ・シキシマです。

注文住宅・リノベーション・リフォームの

ご用命があれば、お気軽にお声かけ下さい。

 

電話:0120-883-660

Mail:info@f-sikisima.jp

DATE:2014.10.21

Y様邸 解体工事着工

20日よりY様邸の改修工事に入りました。

解体を本日より本格的に着手しました。

大工さんでの解体ですがスピードある作業に毎回

感心させられます。

少しでも早い綺麗な仕上がりで引渡しできるようにがんばります。

1413860413901

 

 

 

 

 

大阪/枚方市のエフ・シキシマです。

注文住宅・リノベーション・リフォームの

ご用命があれば、お気軽にお声かけ下さい。

 

電話:0120-883-660

Mail:info@f-sikisima.jp

 

DATE:2014.10.16

堺市リフォーム完成見学会

こんにちは。ショップマネージャーの大本です。

 

堺市で中古物件購入後のリフォームをさせて頂いている

O様のご好意により、見学会を実施させて頂く事になりました!

 

場所:

日程:10/18(土)・19(日) 10:00 ~ 17:00

 

・二階LDKプラン

 

・デッキバルコニーによる採光と空間の広がり

 

・趣味を愉しむロフトスペース

 

・オリジナルキッチン、家具

 

・無垢材の肌触りの体感

 

見所は他にも色々とあります。是非、遊びに来てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪/枚方市のエフ・シキシマです。

注文住宅・リノベーション・リフォームの

ご用命があれば、お気軽にお声かけ下さい。

 

電話:0120-883-660

Mail:info@f-sikisima.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DATE:2014.10.15

屋根ディテールへのこだわり。

こんにちは!設計部チーフの余田です。

ガルバリウム鋼板の縦平葺きですが、少し工夫をしています。

どこか分かりますか?分かった人は親友になれる気がしますw

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は水上の納まりです。よく見ると三角に折られているでしょ?

__

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ100%誰も見てないところだと思いますw

実は職人さんと試作品まで作ってチャレンジしてます。

こうすることで、下から見たときの見栄えが天と地ほど変わります。(個人的にw)

軒無しの意匠とし、よりシンプルに、よりシャープに魅せる。

唐草の落ちや出を抑えながら、いかに雨水を止めながら、しっかりと外壁通気をとるか。

誰も興味無いと思いますが、喧々諤々と図面を手に現場に足を運びました。

チャレンジにはリスクが伴うので、とりあえず先ずは自邸で。

この写真だけ見て安易に取り入れると雨漏れするので、要注意ですw

 

こういった小さな要素の組み合わせで、シンプルながらチープでない家をつくります。

無駄を削って、シンプルで豊かな暮らしをする。

言うは易しで、生み出すのは非常に難しいですが

これからもトコトン突き詰めていきたいと思います。

 

 

大阪/枚方市のエフ・シキシマです。

注文住宅・リノベーション・リフォームの

ご用命があれば、お気軽にお声かけ下さい。

 

電話:0120-883-660

Mail:info@f-sikisima.jp

DATE:2014.10.12

堺市リノベーション完工間近!

こんにちは!プランナーの西岡です。

堺市O様邸リノベーション工事が大詰めとなってきました。

今週で内装がほぼ仕上がり、来週は別注家具や外構工事を行って仕上がりとなります!

 

写真 2 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真 2 (10)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真 3 (12)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回施主様のご厚意で完成見学会をさせて頂く予定をしています!

詳細はまた告知させて頂きます。

 

 

大阪/枚方市のエフ・シキシマです。

注文住宅・リノベーション・リフォームの

ご用命があれば、お気軽にお声かけ下さい。

 

電話:0120-883-660

Mail:info@f-sikisima.jp

 

 

DATE:2014.10.09

ムク材のメンテナンス方法!

こんにちは!工事部の菅野です。

本日は弊社ショールームの床とテーブルのメンテナンスを行いました。

床材は尾鷲ヒノキ無節、テーブルはタモのハギ材です。

 

メンテナンスの方法を簡単にご紹介します。

 

【1.材料を準備します】

オイル、ハケ、バケツ(オイル入れ)、雑巾。お肌が弱い方はビニール手袋!

 

【2.あらかじめ表面のゴミやほこりを取り除きます】

 

【3.刷毛にオイルを染みこませて、木目に沿って塗っていきます】

 

【4.オイルがまんべんなく染みわたるように、雑巾で伸ばしながら拭きとっていきます】

無垢材の厚みやオイル入れの頻度によって、これを1~2回程度繰り返します。

 

【5.後片付けをしながら乾燥を待ち、その後に家具を直します】

自然塗料の場合、オイルが付着したまま雑巾などを放っておくと、熱を持ち発火する

恐れもあるので必ず使用上の注意等をよく読み留意してチャレンジして下さい。

 

尾鷲桧

尾鷲桧2尾鷲桧3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショールームが出来て8年たちます。無垢材も落ち着きキレイな飴色になっています。

こうやって定期的にメンテナンスをすることで、より美しく経年変化していきます。

少し手間はかかりますが、何より愛着が湧きます。

次回は外部の木材のメンテナンス方法もご紹介いたします!お楽しみに!

 

 

 

大阪/枚方市のエフ・シキシマです。

注文住宅・リノベーション・リフォームの

ご用命があれば、お気軽にお声かけ下さい。

 

電話:0120-883-660

Mail:info@f-sikisima.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DATE:2014.10.09

住まいづくりの秘訣 総集編その②

おはようございます!

余田慎太郎です。

前回から、「住まいづくりの秘訣 総集編」と言うテーマでもお送りします。

(このテーマの時は、写真の掲載はしません。)

 

前回は、本当に必要なもの、どうしても欲しいもの、それを自分で知ると言うことでしたね。

今日は、その続きです。

 

例えば、車。

車の場合、乗用車、ワンボックスカー、スポーツカーなど、いろんなタイプがあります。

スポーツカーが欲しい場合、スポーツカー専門の所へ行きますよね。

間違っても、乗用車やワンボックスカーのところには行きません。

 

でも、家の場合は……   違うんです。

ただ家を建てたいと言うことで、特徴の違うところに行くんです。

車で言うとスポーツカー、乗用車、ワンボックスカーなど、

タイプ関係なく無差別に行ってるんです。

そして、それを同じ土俵でどれが良いかと比較するわけです。

 

用途が違うので、本来は比べられないものですよね。

このように、自分が欲しいものが分からずに行動すると、正しい判断ができなくなるんです。

ただ家を建てたいと言うことで、やみくもに特徴の違うところに行っても、

用途が違うので本来は比べられないものですよね。

 

業者さんも、お客さんが来たら当然自分の商品を勧めます。

「うちじゃなくAホームのほうが良いですよ」なんて、言ってくれません。

 

そうではなくて、

「うちに任せてくれれば、あなたの望む家を建てて差し上げます」と言います。

だから自分が欲しいものを知って、それが得意な業者さんを探さなければいけません。

 

そして、その中から一社に絞るのが正しい方法なんです。

だから、二番目は『自分の欲しいものを知る』ということですね。

 

次に、正しい手順の三番目です。

それは、『叶えたい要望に順番をつけること』です。

優先順位ですね。

すべてを叶えようとすると、当然予算オーバーします。

そうならないために、本当に自分に必要なもの、どうしても欲しいもの、

その予算配分も、自分で決めないといけないわけです。

 

それには、自分の価値観や価値基準を自分で理解していないと決められません。

後ほど詳しく話しますが、予算に影響する重要な要素は4つほどあります。

 

まず1つ目、それは広さです。

広くなればなるほど、当然、家の値段は高くなります。

 

2つ目は家に使う建築材料。

材料の質、グレードですね。

良い物や高価なものを使えば、当然高くなります。

 

3つ目です。

それは、デザイン性=かっこよさです。

かっこいい家にしようと思えば思うほど、予算が増えてきます。

 

最後の4つ目は、部屋数です。

同じ広さでも、部屋数が多いほど、高くつきます。

なぜなら、壁の量は多くなるし、窓やドア、収納なども増えるからです。

 

【まとめ】予算に影響するものは、広さとグレードとデザイン性と部屋数です。

この4つを、全て満たそうとすると当然予算オーバーします。

予算を100とすると、何かを優先すると、他のものは抑えないといけません。

しかし、全部叶えようとするんです。

ですから、100じゃなくて120とか、150とかになってしまうわけです。

例えば、広さを最優先するなら、他の3つの要素は残った

予算の中で配分しなければいけないんです。

 

これが、『優先順位を決める』ということです。

次に、正しい手順の四番目です。

それは、『正しい選択基準と判断基準を身につけること』です。

例えば、土地を選ぶ場合。

確かな判断基準、選択基準がないと、正しい判断が出来ません。

また、それは業者を選ぶ場合でも同じです。

この業者選びは、最も難しいことです。

ですから、業者選びの正しい判断基準を持たなければいけません。

 

ここまでが正しい住まいづくりの手順です。

この手順で住まいづくりを進めれば、決して後悔することはありません。

そして、きっと自分の満足のいく家を建てることができます。

 

ここで、正しい手順をまとめておきますね。

1.自分の安全な予算を把握する。

2.自分を知る。

3.優先順位をつける。

4.正しい判断基準と選択基準を持つ。

 

しかし、ほとんどの人は、いきなり展示場や見学会に出かけています。

それは、無防備で戦いに出かけていくようなもの。

だから、家づくりで後悔することになるんです。

そこで、次回から手順について具体的にお話していきます。

 

では、また。

現場ブログ