当社のコンセプトを一言で表すと、「ハウスを造るのではなく、ホームを創る」という事です。ハウスは直訳すると「家」ホームは「家庭」です。住宅展示場はモデルハウスと呼びますが、決してモデルホームとは呼びません。一番分かり易い例がホームシックという言葉かもしれません。当然ハウスシックとは呼びません。家を恋しがるのではなく、家庭(家族)が恋しくなるのです。つまり、そこに人間の家族愛や生活がある家をホームと呼ぶのです。

当社はモノを提供するのではなく、コトを提案したいと考えております。あふれる情報に浸かって気が付けば古くなっている新しいモノを提供するのではなく、住空間から生まれるコトとして提案したいと考えております。

ハウスではなく、ホームを創る…それが当社の仕事を請け負う上での信念であり、誇りでもあります。

Work Flow

FAQ

Case Study

木もれびの家

今回は「どこにご予算をかけられるか」ということに重視しました。その結果、収納と飾るスペースを重視することに。
その為、キッチンは既製品となりました。しかし、キッチンの背面には一面の収納を設置したり壁にニッチ棚を設けたり、ルーバーを設けたりすることが可能になりました。優先順位をつけて考えることでお住まいになられてからもご満足頂けるお家が完成しました。
玄関やリビングにはニッチの棚を設置しました。お花や絵画、写真などご自由に飾って頂けるスペースとなっております。階段にも明るくなる様に窓を設置しました。防犯や通気に考慮した縦長の窓となっております。足腰へのご負担を少しでも軽減できればと階段は緩やかにする為に伸ばし、曲がり階段にしました。和室にはご要望で掘りごたつを設置しました。また、押入の下に小窓をつけ、奥行きをもたせることで
広く感じられる造りになっております。キッチンには大容量の壁面収納を設置しました。テーブルがキッチンにささっている様なデザインになっております。

工事概要

工事内容:全面工事(屋根以外) 増築工事
工事面積:93.15㎡
工事期間:約2ヶ月半

工事費用:1320万円