当社のコンセプトを一言で表すと、「ハウスを造るのではなく、ホームを創る」という事です。ハウスは直訳すると「家」ホームは「家庭」です。住宅展示場はモデルハウスと呼びますが、決してモデルホームとは呼びません。一番分かり易い例がホームシックという言葉かもしれません。当然ハウスシックとは呼びません。家を恋しがるのではなく、家庭(家族)が恋しくなるのです。つまり、そこに人間の家族愛や生活がある家をホームと呼ぶのです。

当社はモノを提供するのではなく、コトを提案したいと考えております。あふれる情報に浸かって気が付けば古くなっている新しいモノを提供するのではなく、住空間から生まれるコトとして提案したいと考えております。

ハウスではなく、ホームを創る…それが当社の仕事を請け負う上での信念であり、誇りでもあります。

Work Flow

FAQ

Case Study

シンプルな家

今回のメイン工事はキッチンだった。今は奥様お一人が立たれているが、将来はお子様と一緒に調理が出来るようにしたい。

限られた空間の中でご要望を成立する為に考えたのは、シンクとコンロを分けて作業を分担できるようにすること。またシンク側は奥行きを広く取ること事で、作業台として使えるキッチンに。

出来上がりを見られ、キッチンに立たれた奥様からは「これなら娘だけでなく、夫と息子にも料理の手伝いをしてもらえます。」と言って頂けた。

工事概要

【所在地】大阪府阿倍野市
【築年数】20年
【構造】木造軸組み
【工事内容】
2F/3F全面改修・耐震補強・オーダー家具工事など