当社のコンセプトを一言で表すと、「ハウスを造るのではなく、ホームを創る」という事です。ハウスは直訳すると「家」ホームは「家庭」です。住宅展示場はモデルハウスと呼びますが、決してモデルホームとは呼びません。一番分かり易い例がホームシックという言葉かもしれません。当然ハウスシックとは呼びません。家を恋しがるのではなく、家庭(家族)が恋しくなるのです。つまり、そこに人間の家族愛や生活がある家をホームと呼ぶのです。

当社はモノを提供するのではなく、コトを提案したいと考えております。あふれる情報に浸かって気が付けば古くなっている新しいモノを提供するのではなく、住空間から生まれるコトとして提案したいと考えております。

ハウスではなく、ホームを創る…それが当社の仕事を請け負う上での信念であり、誇りでもあります。

Work Flow

FAQ

Case Study

中庭のある家

緑を植えて室内に気持ちいい風景・光・風を取り込みたい。
そんな要望に対し本庭と中庭を配置し、内外からのバランスを考慮し様々な樹木を植えた。
中庭に面する木製建具は隠し框とし、余計なモノを無くしシンプルに仕上げた。
本庭には全引込型のサッシとし、室内にいながら樹木や風を感じれるように工夫した。
大屋根は軒を無くしたシンプルは箱型だがキャンチレバーを用いて少しずつズラすことで要所に軒の機能をプラスした。
外壁はガルバリウム鋼板と木実板。真逆の素材感でシンプルなファサードのバランスを取った。
巾木・枠廻りの見え掛りを簡単に見せることで余計な線を排除し、鉄・石・木・紙などの素材感をより感じれる空間となった。
天井から一定の距離で垂れ壁を残すことで、室内から見える景色を限定し落ち着けるように配慮した。
オーダーキッチンを取り入れ、家具の延長線上とすることで全体の統一感を保っている。
シンプルながら存在感のあるストリップ階段は、ササラのスチールをグラファイトのチャコールで仕上げ差し色とした。
玄関正面に魅せ壁としてマグネットペイント仕上げとし、そこにオリジナルのスチールFIXとレトロガラスをはめ込んだ。
裏側には小さな手洗いを設けて、パブリックスペースとしても使えるよう配慮した。

工事概要

【所在地】大阪府枚方市
【構造】木造軸組み
【工事内容】解体工事・新築工事・造園工事など